活動実績

“やっちょります!”テスノでの活動実績のご紹介です。

活動報告 2012.12.05

NPO法人 設立10周年を迎えました
その他

 お陰さまで NPO法人「技術サポートネットワーク」は11月に設立10周年を迎えました。皆様より我々の活動に対し ご協力を戴き大変感謝いたしております。
 このような活動が出来たことは、いろいろな分野の方々とのご親交を戴きご指導して戴いたことが大きな支えとなっております。

 現在 14名の定年退職者で中小企業様のご支援の活動を実施しておりますが、今後は従来の 生産性向上・人材育成・ISO認証取得・設備開発・環境改善 等に加え市場のニーズに合った新しい活動が出来ればと考えております。
 我々の活動が中小企業様の今一層の活性化にご協力出来ればと会員一同頑張る所存です。

 今後ともよろしくお願い申し上げます。(足立)

活動報告 2012.11.15

ベンチャー協議会の展示会にテスノの活動紹介
その他

 平成24年11月7日(水)、8日(木)の2日間、大分イベントホール(大分市南春日町12番5号)で国内・海外活動を活発に展開しているベンチャー協議会の展示会が開催されました。
 約50社余が商品開発・商品販売等を通じた自社の企業活動を紹介しましたところ、約500名余のお客が来場され、活発な商談が展開されました。
 我々のNPO法人技術サポートネットワーク大分(テスノ)は、日頃の活動内容を展示紹介しましたが、多くの方が関心をもって質問をされていました。
 展示内容は、パネル(不良対策、5S、企業改善等を通じて企業様のご支援)、パンフレット(テスノの活動、病院5S、企業の改善活動)等を含んだ内容をパネル、動画等でご紹介し、合わせてレクチャーをしましたところ、多数のご参加がありました。
 また、テスノでは、6次産品プロジェクトを立ち上げており、出展コマ数53ブースの中で、下記4社の商品を選定し、台湾へカタログを送付いたしました(台湾の販売拠点確定済み)。
 1)藤居酒造(蜂蜜入りリキュール)、2)朋友(低タンパクコメ)、3)B・Hサポート(羅漢茶)、4)オーハタパール(真珠のエキス入り石鹸)その他輸出可能性産品もあり、追加で後日、資料を送付したいと考えています。(吉浦)

重鎮の方々によるテープカット

重鎮の方々によるテープカット

池邊ベンチャー協議会理事長の挨拶

池邊ベンチャー協議会理事長の挨拶

出展風景

出展風景

活動報告 2012.10.17

中小企業支援ネットワーク強化事業の現状
その他

 中小企業支援ネットワーク強化事業は本年度39.6億円の予算で「中小企業支援の専門知識だけでなく豊富な実績を有するアドバイザーを選定し、アドバイザーが、ネットワークを構成する支援機関(TSNOも含む)を巡回し、高度専門的な相談に直接対応します。

 必要な場合はさらに専門家(TSNOのメンバーはすべて専門家登録済み)の派遣により、中小企業の抱える高度・専門的な課題の解決を図る」事業です。

 8月20日に九州産業局中小企業課より通知があり、本年度予算が前年度の8割程度にとどまる中、専門家派遣件数が前年度月平均600件に対し800件と上がっています。

 このままの使用ペースでいくと年内(12月一杯)にも全予算を消化し、以降の活動ができなくなる可能性が出てきました。
よって9月1日より下記の制限が付与されました。

(1) 専門家派遣は「1事業者における1支援課題につき3回まで」
(2) 専門家派遣件数を9月~25年3月までの間で1ADあたり原則15回まで

 これにより各企業様に多大の迷惑をかけていると思われます。
TSNOにおいても皆様のご要望に十分お答えすることができません。

 しかし、お急ぎの課題等ありましたら、条件は変わりますが他の事業も考えられますのでTSNOに相談いただければと思っています。(小林)

活動報告 2012.10.17

農林漁業の6次産業化
その他

 大震災及び原発事故や円高、デフレ脱却等に対応し「新成長戦略」を再編、強化した「日本再生戦略」が去る7月31日閣議決定されました。その骨子は、1)グリーン(環境、エネルギー) 2)ライフ(健康) 3)農林漁業(6次産業化)を重要分野とし、この3分野に重点配分していくとしています。

 農林漁業の6次産業化とは、「1次産業 × 2次産業 × 3次産業=6次産業」。
つまり、1次産業がなくなれば、いくら掛算しても“0”である、という警鐘を鳴らすために命名されたそうです(命名者、東大名誉教授:今村奈良臣)。
 具体的には、農林漁業者が生産する農林水産物(1次)を使って加工(2次)や、販売(3次)することによって付加価値を高める取組をいいます。

 その農林漁業者(個人、法人、団体)が、これらの取組を「総合化事業計画」として作成、農林水産大臣の認定を受けると 1)6次産業化プランナーによる総合的なサービス 2)事業の取組に対する資金援助(融資、補助金、交付金) 3)施設整備等の手続き、その他。などのメリットを享受できます。

 TSNOでは、長年の企業内活動実績や県下の中小企業、学校、病院支援等で培った「豊富な知識と経験、研ぎ澄まされた現場感覚、農業や農産物加工経験、有資格者」等の強みを武器に、農林漁業者(個人、法人、団体)に対しても、1)商品企画や加工技術に関する情報提供、2)事務所、倉庫内、現地改善指導、3)販路開拓、4)総合化事業計画作成、5)経営相談、6)講座 その他、等の支援も行います。

 今後は、TSNO設立20年に向けTechnical Supportを礎としつつ、従来の2次、3次産業に加え、全産業からの多様なニーズに外部との連携も視野にきめ細かく対応する、Total Support Network Oita を目指して進化してまいります。(溝部)
 ※6次産業化に関する問い合わせは、こちらより

活動報告 2012.10.04

TSNOの人材育成講座のご紹介
人材育成

 大分市産業振興課は、産業界の人材育成に力を入れていて定期的に行う大分市の主催する講座や、中小企業支援事業を通して人材育成教育を行なっておりますが、この講座に微力ながら弊NPO法人:TSNOは、「人材育成講座」を通して協力させて頂いております。
 また雇用安定助成事業としてもこの人材育成講座を行なっております。ご要望によっては、各企業様からの個別の教育依頼を受けて講座も実施いたしております。回を重ねる毎に、充実をさせてきて、今は数十種類の講座を用意いたしております。
 ご希望の講座がありましたら、是非ご用命下さい。詳細の講座リストは ここ をクリックして下さい。(中村)

活動報告 2012.09.25

大分県中小企業支援ネットワーク連携支援勉強会に出席して
その他

 九州版連携支援モデル構築、巡回アドバイザー間の連携強化を目的とした大分県中小企業支援ネットワーク連携支援勉強会が大分県信用組合(けんしん中小企業支援センター)で半日にわたり開催された。
 九州財務局より「平成24年度の中小企業金融支援体制について」お話があり、またグループワークによるディスカッションを行った。
 巡回アドバイザーの支援ノウハウ・専門家情報等、一企業を例題として4・5人のグループでディスカッション→まとめ→発表を行った。
 また、大分県版支援モデルスキーム構築を目的に支援実施中の一企業の課題をワールドカフェ方式のグループディスカッションを行った。
 勉強会に出席することで巡回アドバイザー及び他の支援機関の相談員と同一課題について討議することにより、親密な繋がりができた。
 このような機会を利用して、より良い中小企業支援ができるようにしていきたい。(小林)

活動報告 2012.08.17

大分市P-UP事業について
その他

 「大分市中小企業自主研修応援事業補助金」とは、市内中小企業社(個人除く)が企業体質強化や、競争力向上を図るために、従業員等の資質や能力、技術力の向上を目指した研修に費やす経費の9割を助成する制度です。
 本制度を活用し企業をパワーアップさせるため大分市が公募を行った結果、予定企業16社に対し、意欲ある企業16社が交付決定いたしました。
 その16社の中、TSNOでは13社の企業の自主研修を応援いたします。研修期間は企業ごとに異なりますが3~5ヶ月程度を目処とし、研修後のステップアップを確実なものとするため、単なる研修だけにとどまらず対象企業が成果を上げ、満足していることを確認するまで応援し、本補助金を効率的、効果的に有効活用してまいります。(溝部)

活動報告 2012.08.02

第4回中小企業ネットワーク強化事業支援機関指導員等連携研修会に出席して
その他

 7月5日に九州経済産業局 中小企業課の主催で「第4回中小企業ネットワーク強化事業支援機関指導員等連携研修会」が大分で開催されました。
 H23年度中小企業ネットワーク強化支援事業の実績及び24年度に向けた動きについて説明がありました。概略を次に示します。
----------------------------------------------------------------------------
                全国    九州       大分
支援機関         [機関]  3,234      404       42
巡回アドバイザー    [名]    708      118       16
相談件数(4~3月)   [件]  80,706  12,518    2,073
専門家派遣(4~3月)  [件]  44,290   7,340    1,114
---------------------------------------------------------------------------

 1) 基調講演として薗田経営リスク研究所 薗田恭久氏が『地域資産経営による
  新しい経営支援の在り方~競争力の源泉である無形の経営資産を活用する
  ~』
  の議題で講演がありました。
 内容は事業価値を高める経営リポート「知的資産経営報告書」について
   ステップ1:自社の強みを認識する
   ステップ2:自社の強みがどのように収益に繋がるかをまとめる
   ステップ3:経営方針を明確にし、管理指標を特定する(見えるかの技術)
   ステップ4:報告書にまとめる(知的資産経営報告書の作成)
          報告書(経営方針、管理指標)の実践
  上記「知的資源経営報告書」を作成することにより
 ・ 経営者の頭の中にある経営方針や経営戦略を報告書にドキュメント化
  することで、経営者の考えの整理や事業活動のベクトルの明確化を図る。
 ・ 自社の知的資産を把握し、その活用方法を裏付け指標と共に報告書に
  記載し、開示することで、各ステークホルダーに対する信頼性を高める。

  皆様も是非検討されてはいかがでしょうか。
  書き方等不明なことがあればTSNOでお尋ねください。(小林)

活動報告 2012.07.02

ISO思想で実施する生産性向上活動
ISOマネジメント

 九州経済産業局の中小企業支援ネットワーク事業を適用し、生産性向上活動の支援を実施しています。この活動に参考になる考え方「ISOで要求されているマネジメント思想」でご支援させて戴いています事例をご紹介いたします。(足立)
****************************************************************************************
1.経営者のコミットメント
  (1)ISOでは 1)品質方針を設定する 2)目標が設定されている
  (2)その方針は 1)組織の目的に適切である 2)継続的に改善 
             3)組織全体に伝達され、理解されること が必要です。
  (3)目標は 1)全部門で設定される 2)達成度が判定可能である 
                 が求められています。
 このことを展開することにより、経営者の意思が全社員に浸透し、改善に向け  全社員が一丸となって生産性向上に取り組む体質が構築されます。

2.文書・記録の管理
  (1)管理しなければならない文書・記録を明確にし、その管理ルールを
               標準化することを求められています。
  (2)管理ルールとは 1)最新版であること 2)識別できる 3)保管期間 等を
               決めることです。

 この決めたルールで文書や記録を管理すると事務所が整理・整頓され見違えるようになります。お客様が訪問された時、きれいに管理された状況が顧客満足度の向上に貢献しています。

3.是正処置
  (1)不具合(クレームを含む)が発生した場合は
     1)内容の確認 2)原因の特定 3)再発の防止を確実にする
     4)是正処置が有効であるかレビューする
               等が必要です。

 この管理活動を実施することのより、現場の不具合・顧客からのクレーム等が  減少し、現場の効率化が達成されるだけでなく、顧客からの評価が向上しています。

活動報告 2012.07.02

中小企業支援ネットワーク強化事業の支援事例
人材育成

 九州経済産業局の「中小企業支援ネットワーク強化事業」の支援事例について紹介します。今回は「リーダーの人材育成」の取り組みでは2社目となる大分市下郡にあるタカキ製作所(株)様です。
 テーマは「リーダーのためのコミュニケーション能力向上」です。日頃は目の前の仕事をこなすことに精いっぱいで、実際のところ、そこで働く従業員のマネジメントまで手が回らないのではないでしょうか。いくら設備・機械や仕事の流れの合理化や効率化に取り組んでみても、そこで働く従業員のモチベーションや職場の人間関係、チームワークが良くなければ生産性は向上しません。そのため、リーダーの人材マネジメントの一環としてのコミュニケーション能力がとても重要になってきます。
このことは事業者の皆さんはよくご存じのはずです。しかしながら、具体的なやり方がわからない、効果がわかりにくいということもあり、これまであまり取り組んでこなかったのではないでしょうか。
 昨年度から、テスノではリーダーのコミュニケーション・スキルアップのためのカリュキュラムを開発し展開してきています。具体的には「リーダーとしての強み・弱みを知り、リーダーとしての課題を確認し、良好なコミュニケーション行動に取り組むことができるようになること」をねらいとして、自己の対人関係の傾向を知る自己分析、部下評価によるリーダーシップスタイル分析、コミュニケーションの「聴く」と「話す」の基本スキルの習得という内容で構成されています。
 これを実施されたカタキ製作所(株)様にも大変ご好評をいただいており、今後の成果が大いに期待されるところです。
 詳細お知りになりたい方は、テスノ(TEL:097-573-3434)までお問い合わせください。(吉良)

活動報告 2012.06.18

「大分市中小企業自主研修応援事業補助金」の公募開始
その他

 大分市は、生誕100周年節目のこの春、JR大分駅高架化や別大国道6車線化の完成、今後も、駅南口整備や新駅ビルの建設等(写真)、大きく変貌を遂げようとしております。
 こうした中、産業振興面においても、市内中小企業を対象に変革を促がします。
具体的には、大分市内中小企業(個人は除く)を対象に、体質強化や競争力向上を図るための研修に要する費用を助成する「大分市中小企業自主研修応援事業補助金」の公募を開始いたしました。
 対象となる研修や詳細は、こちらをご参照願います。
 これまで当補助金を活用した各々企業からは、「社員のモチベーションが高まり生産性が向上し、その結果業績改善に結びついた」との評価をいただいております(大分市発行:中小企業パワーアップ事業成功事例集より)。
 これを機に、「過去に本制度を利用したが、更にレベルを高めたい企業」、「今回初めて研修を企画したい企業」は、従業員の資質や能力、技術力を向上させ、更には、経営者自ら研鑽に励まれて業績向上への礎を築いてはいかがでしょう。
 TSNOでは、本制度への公募を募るとともに、交付決定企業を応援するため専門員や支援メニューの充実を図ってまいりました(TSNOホームページご参照方)。
 募集期間は6月15日~7月13日、募集企業数16社と少ないため、早めにお申し込みいただくことが肝要かと存じます。(溝部)
   お問合せ先(TSNO) 電話:097-537-3434
   メール:bz883479@bz03.plala.or.jp

活動報告 2012.06.18

中小企業支援ネットワーク強化事業
企業コスト改善

 本年度も九州経済産業局の「中小企業支援ネットワーク強化事業」がスタートし、企業支援活動が活性化しております。その中で最近の中小企業様の課題・生産性の向上を目的にした「生産管理板による生産工程管理」を支援させて戴いているケースが多くあります。
 この「生産管理板」はラインの工程ごとに生産に必要な時間を設定し、作業者へ提示し、作業がスムースに計画通りに進捗しているかを誰でも一目でわかる管理手法です。
 計画と実績がかい離している場合は‘なぜか’を解析し、改善に結びつける活動です。
 是非ご検討されることをお勧めします。
 或る企業様で活動している事例(様式)を添付いたします。(足立)
 ※生産管理板の様式は、こちらです。

活動報告 2012.06.01

中小企業支援ネットワーク強化事業(事例)
企業コスト改善

 九州経済産業局の事業「中小企業支援ネットワーク強化事業」がスタートしました。今年度も23年度とほぼ同様な事業内容となっています。
 今年度も引き続いて支援事例について紹介します。

 県内製造業の主要企業の一つである九州乳業(株)様では「全社的な省エネルギー推進」の専門家派遣での支援を開始致しました。
 九州乳業(株)様では、5月11日の大分合同新聞に県内製造業の電力不足に対する自衛策の記事で述べられているように、既に工場の使用電力を監視できる装置を導入しています。
 使っている電力量を常に把握して、必要に応じて空調の停止や消灯といった対策を取る計画で進めていますが、「チルド品を作っているので生産ラインは止められない。どこまで節電できるか」と非常に心配されています。
 この度、中小企業支援ネットワーク強化事業を活用されて電力需給の環境の厳しさを乗り越える策として専門家の支援を受けて改善することになり支援させて頂いております。(畔津)

工場の使用電力を監視できるECOモニター

工場の使用電力を監視できるECOモニター

活動報告 2012.06.01

24年度「大分市技術支援事業」スタート
その他

 大分市技術支援事業が今年度もスタートしました。この事業は中小企業様の課題に対するワンストップサービスの機能を有しており、例年約400件の相談に対応しております。
 今年度も4月、5月に40件程度のご相談をいただいています。相談案件は多義に亘っており、我々の広いネットワークを使ってご支援させて戴いております。
 最近の事例として
 1)中小企業支援ネットワーク事業(経済産業省事業)による課題解決の専門家派遣
 2)雇用安定助成金を申請するための講座の依頼
 3)生産現場の作業改善・生産性工場・不良撲滅活動 等の現地指導 
 4)省エネに関するアドバイスや助成金申請の為の診断 
 5)生産管理・品質管理・安全管理 等の管理に関する従業員教育
 6)ISO認証取得に関するコンサルタント
   等々の相談がありました。
 我々のメンバーが月曜日~木曜日の間大分市産業活性化プラザに常駐しております。ぜひ一度お立ち寄りください。(足立)

   場所:大分市荷揚町4-36  TEL:097-537-3434

活動報告 2012.05.17

「医療法人信和会の5S発表会」開催される
病院5S

 4月17日、宇佐市にある医療法人信和会の5S活動3年目の発表会が、近隣の4つの病院から20名の来賓の方々を迎えて盛大に開催されました。
 3年目の活動はすべての職場が参加、計22職場について昨年10月からテスノのアドバイザー4人で6回の支援を行いました。発表会では各職場から5S活動に取り組んだ経緯と成果が報告されましたが、そのレベルの高さに来賓の方々から好評をいただきました。この発表を通じて、活動の最終目標である「患者さんの満足度を上げ、患者さんに求められる病院」に向けての基盤づくりは着実に進んでいると確信しました。
 具体的な活動の成果として、業務効率化や経費削減、医療安全対策の向上などがあげられましたが、「職員の皆さんの意識の変化」は各職場共通して取りあげており一番大きな成果であったと思います。特に、病院の責任者の方が5S活動を通じて職員の新たな能力の発見があったことを、「5Sには人材発掘という隠し玉がある」と表現されたことがとても印象的で、5S活動の奥深さを再認識しました。

 医療法人信和会の5S活動に関する情報については、以下のURLでご覧いただけます。(吉良)

http://www.oct-net.ne.jp/~wada1/5s.html

医療法人信和会の5S活動の発表会

医療法人信和会の5S活動の発表会

活動報告 2012.05.17

中小企業支援ネットワーク強化事業(事例)
設備改善・開発

 経済産業省の「中小企業支援ネットワーク強化事業」の支援事例について紹介します。
 今回は「エクセルによる効率的な顧客支援システム」を実施した別府市にある秋吉タタミ店様です。
 秋吉タタミ店様では、これまでは顧客ごとの作業記録をノートに手書きして管理してきました。畳表は通常5年で表返しし、その後3年で新しい畳表にする、というようなサイクルがあります。この時期を過去の実績から予測して、こちらから顧客に働きかけることで営業に生かしていこうとするものです。
 システム自体は、顧客数、作業数とも件数が多くないことから、どんなパソコンにも入っているエクセルの機能を生かせば十分に対応可能ということで、エクセルのマクロ機能をフルに活用したシステムを提案しました。
 更に、畳のヘリについては画像を公開している卸店のホームページにリンクさせることで画像での確認が出来るようにしました。
 一応、システムの雛形まで作成しましたので、現在は過去のデータを入力して頂いている段階です。データが揃えば、指定時期の対象顧客が一覧で検索出来、その作業実績に連動して確認することも出来るようになります。
 中小の企業、商店での手軽な管理システムとして今後のモデルケースにもなり得るものとして、その運用開始を期待しています。(森崎)

活動報告 2012.05.02

「大分市中小企業支援講座」開講のご案内
研修・講座案内

NPO法人技術サポートネットワーク大分が講師を担当します大分市中小企業支援講座が今年度も開講されます。

今年度は中小企業様の課題解決に対し、次の3テーマについて講座を計画しています。   

1)経営に必要な管理技術                           
2)企業存続のための永遠のテーマ‘改善活動’    
3)職場活性化のための考え方と実践事例 

各テーマについて、4コマの講座を用意しております。
ご案内いたします。(足立)

※ご案内の詳細はこちらよりご覧下さい。

活動報告 2012.05.02

TSNOの人材育成モデルが国の機関に評価
人材育成

NPO法人技術サポートネットワーク大分が実施している「中小企業人材育成モデル」が厚生労働省管轄の法人‘独立行政法人 労働政策研究・研修機構’に評価を戴き、

3月末に発行された『中小製造業における人材育成・能力開発―製造業集積地での取り組み―』にその概要を紹介して戴きました。

現在我々が取り組んでいる人材育成の実施メニューや実施方法また今後の課題等について、他の地域での活動のご参考になればと思っております。 (足立)

※詳しい内容は、こちらよりご覧下さい。

活動報告 2012.04.04

中小企業支援ネットワーク強化事業(事例)
企業コスト改善

 経済産業省の「中小企業支援ネットワーク強化事業」の一環として、TSNOが注力してきた数々の事例をこのメルマガでお知らせしてまいりましたが、今回は省エネ技術支援の事例をご紹介いたします。
 この支援を活用された企業で、马马虎虎(まあまあふうふう)農園、マルヨシ製麺(株)及び(株)シーアールの3社の取組みの概要についてご紹介します。
----------------------------------
  企業名      所在地  事業概要           省エネ改善概要
马马虎虎農園   日出町  農業用ハウスで水耕   こねぎ栽培用ハウス等におけ
                  栽培の小ねぎの生産・   る太陽光発電設備の導入及
                  販売事業を展開       び施設園芸用ファンの更新 

マルヨシ製麺(株) 大分市  コンビニエンス・       製麺工場おけるLED照明、
                   ストアに卸す調理麺の   高効率変圧器への更新
                   製造・販売

(株)シーアール  大分市   飲料、食品(茶・    製品保管用冷凍庫を新型
                    コーヒー)等の卸、    冷凍庫に取替え及び省エ
                    自動販売機の納入   ネ型エアコンへ更新、LED
                                   照明導入
----------------------------------
 現在、電力需給が逼迫する中、中小企業等が行う省エネルギー設備の導入に要する経費を補助する「大分県省エネルギー等導入促進対策事業」に応募するには「省エネルギー診断の受診」が必要です。今回の省エネ技術支援では、企業の状況を調査して、具体的な省エネ改善策と効果について報告書を提出しました。
 次年度も「中小企業支援ネットワーク強化事業」の予算化が示されており、是非省エネ関連の支援についてもご活用をお勧めします。(畔津)

活動報告 2012.04.04

中小企業支援ネットワーク強化事業のまとめ
その他

 23年度NW強化事業はH23年3月9日に支援活動が終了し、当支援機関を通して実施した企業様は19社で延べ79回となりました。
 また、TSNOの会員が他の支援機関を通して支援した企業は10社で延べ40回ありました。
 ご協力に感謝いたしますとともに効果を期待しています。
 なお、24年度ネットワーク強化事業は、

 1)予算規模が25%削減されます。
 2)巡回アドバイザーが九州内で123人が採択されました。
 3)事務処理機関も23年度と同じパソナ九州が行なうことになりました。
 4)開始は4月2日です。   (小林)

活動報告 2012.03.16

平成23年度工業高校5S実践講座
その他

 平成23年度の工業高校における5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)実践講座を我々NPO法人技術サポートネットワーク大分のメンバーが講師を担当させていただきました。
 この講座は工場見学とセットで、1年生を対象に「おおいたマイスター育成大作戦推進事業」の一環として開講されています。
今年度は大分市の工業高校をはじめとして4工業高校を担当させていただきました。
 お陰さまで、1)将来自分が働くとは何か2)企業における基礎的勉強3)周りを見る目が変わった 等の評価を戴きました。全体的には1)技能士の合格数が良くなった2)就活に役立った3)父兄から家庭で整理の意識が芽生えた 等の評価も戴きました。
 今後も御協力できればと思っております。(足立)

講座の写真:熱心に講座を聴く生徒達

講座の写真:熱心に講座を聴く生徒達

活動報告 2012.03.16

中小企業支援ネットワーク強化事業(事例)
人材育成

 シリーズで紹介してきました経済産業省の「中小企業支援ネットワーク強化事業」の支援事例、今回は「リーダーの人材育成」を実施した豊後高田市にあるプラスチック成形加工のコロン株式会社大分工場様です。
 テーマは「リーダーのためのコミュニケーション能力向上」です。企業においては生産性を高めるために様々な合理化や効率化に取り組んでいますが、そこには必ず人が働いているわけで、そこで働く人々のモチベーションや職場における人と人との関係、チームワークの良否が仕事の生産性に大きく影響してきます。そのため、リーダーの人の面に注目したコミュニケーション能力がとても重要になります。
 今回の支援は「リーダーとしての強み・弱みを知り、リーダーとしての変革の方向を確認し、良好なコミュニケーション行動に取り組むことができるようになること」をねらいとして、部下評価によるリーダーシップスタイル分析とコミュニケーションの「聴く」と「話す」の基本スキルについての演習を3回に渡って実施しました。
参加者の皆さんから以下の感想が寄せられました。(吉良)
・自分自身を見つめ直すことができ、自分の弱点が確認できた。
・コミュニケーションについて、今回のように具体的に解析したことがなかったので、今後のコミュニケーションで気をつける点がよくわかった。
・人に物事を伝えるための手法、手段として言葉の大切さを改めて認識した。
・今では相手の話の途中で自分の意見を一方的に言っていたのを、意識的に気をつけ最後まで相手の話を聴くようになった。

コミュニケーション基本スキル演習の風景

コミュニケーション基本スキル演習の風景

活動報告 2012.03.05

第3回中小企業ネットワーク強化事業支援機関指導員等連携研修会に出席して
その他

 2月3日に九州経済産業局 中小企業課の主催で「第3回中小企業ネットワーク強化事業支援機関指導員等連携研修会」が福岡で開催されました。
 H23年度中小企業ネットワーク強化支援事業の実績及び24年度に向けた動きについて説明がありましたので、概略をお伝えします。
***************************************************************************
                        全国      九州      大分
支援機関           [機関]   3,059    391      42
巡回アドバイザー       [名]      733    149      19
相談件数(4~11月)     [件]  48,024  7,787   1,300
専門家派遣(4~11月)   [件]   17,854   2,991    387
***************************************************************************
 なお、24年度ネットワーク強化事業は23年度と大きな変化はありませんが、予算規模が25%削減されます。
 24年度に向けた今後のスケジュールは、
1)巡回アドバイザーの公募が2月1日にスタートして、2月14日に締め切られました。
 2月末に採択され、4月2日より事業がスタートする予定です。
(24年度予算が成立することが前提)
2)基調講演として龍谷大学教授中森孝文氏が『地域を活性化する知的資産経営』
~無形の強みのマネージメントとは~の議題で講演がありました。
 また、事例発表として滋賀県商工会連合会 経営支援課長 西澤 哲氏より
『戦略的な取り組みに学ぶ事業継承支援の在り方・考え方』~支援機関における
事業継承支援の位置付けと実務運営について~の議題で発表がありました。
 何れの講演も事例による話で分りやすく大変役に立ちました。
 今後の企業支援に役立ていきたい。(小林)

活動報告 2012.03.05

中小企業支援ネットワーク強化事業(事例)
その他

 経済産業省の「中小企業支援ネットワーク強化事業」の一環として、TSNOが注力してきた数々の事例をこのメルマガでお知らせしてまいりましたが、今回は経営計画、経営改善計画作成の事例をご紹介いたします。
 この支援を活用されている企業は、豊後高田市に事務所と産業廃棄物処理場を構える(有)豊後です。
 当社は、県の産業廃棄物処分業許可を受け、近隣の宇佐、杵築、国東はもとより、遠く大分、別府地区の不要家屋解体や、解体後発生した解体木、コンクリート等のガレキ類を処理し、それを木屑やコンクリ破片に再生する産業廃棄物処分を事業としています。
 しかし、一昨年の暮れ、不幸にも創業者の井上様が他界され、また公共工事の減少にも見まわれ仕事量が激減しました。こうした厳しい環境の中、昨年12月、県に産業廃棄物処分業許可の更新を申請しましたが、厳しい決算内容から不安を招き、精緻な事業計画書の提出を求められ更新は保留となりました。
 事態打開のため、当社とTSNOは今後の事業計画、改善計画を立案作成し県側に詳細説明、説得を行いました。幸いにも計画が承認され2月初め、正式に産業廃棄物処分業許可を受け事業を継続することができました。
 これを機に、「今期はより積極的な営業活動とコスト削減を実行して目標を達成し、来季以降も業績を伸ばし関係者からの信頼を漸増していく」 とのことです。
 現在高田市内には、産業廃棄物処分認定企業は当社を含め2社のみ存在し、社会的にも重要な役割が期待される存在となっております。(溝部)

活動報告 2012.02.20

(株)ジェイテックISO9001:2008認証取得
ISOマネジメント

 株式会社ジェイッテクは石油等の精製する石油化学プラント、大型発電所等の設備の修復、維持管理を行なう手段としての、鉄鋼構造物の各種非破壊検査。及びコンクリート構造物を壊すことなく、構造物の品質、情報を把握できる技術を用い、新設構造物の品質管理、既設構造物の調査・維持管理を実施している。
 この度鉄鋼構造物の各種非破壊検査部門がISO9001:2008(品質マネジメントシステム-要求事項)の認証取得審査をSGSジャパン(株)で受審され、合格した。僅か5ヶ月弱の準備で品質マネージメントシステムを構築し、取得にこぎつけた。私どもが過去10年ISOの受審支援をさせていただいた中での最短期間で取得された。
 (株)ジェイテックの社長さん、品質管理責任者等の努力に感心するとともに、手助けをさせていただいた私ども大変喜ばしいことであります。これを機にISOを有効に活用して更に良い企業になって欲しいと思っています。(小林)

認証書を囲んで(株)ジェイテックの皆様

認証書を囲んで(株)ジェイテックの皆様

活動報告 2012.02.20

中小企業支援ネットワーク強化事業(事例)
設備改善・開発

 経済産業省の「中小企業支援ネットワーク強化事業」の一環として、TSNOが注力してきたいろいろな事例をこのメルマガでお知らせしてきましたが、今回は新製品開発の事例を紹介しましょう。
 この支援を活用されている企業は、宇佐市に本社工場を持つ株式会社宇佐ランタンです。同社谷川忠洋社長は紙で作られていた提灯業界にあって、耐久性の高い塩ビフイルムを用いた提灯の製造を開始し、様々な技術開発を重ねて我が国のトップメーカーにまで成長を遂げられた方で、知的障碍者の雇用にも尽力されています。
 谷川社長は、塩ビフイルムは廃棄焼却時に塩素化合物の発生が不可避であることから、将来の製品として、より環境にやさしい高機能材料に転換したいと開発に乗り出されました。ご存じのとおり、新製品の開発はいろいろなアイデイアの試行錯誤の末に新天地が開かれますので、長期間の取り組みが必要です。まして、知的障碍者の多い職場ではプロセス上の配慮も重要で、大変な努力を重ねられつつ一歩一歩進められています。幸い、材料、接着剤、製造機械などの企業の連携支援もいただきながら着実に進められており、実用化への道が拓かれるものと期待しています。
 今年度はこのNW強化事業で支援させていただいていますが、新年度も継続できそうで、このような開発支援も可能ですのでご紹介しました。(高士)

宇佐ランタン谷川社長と試作した新製品

宇佐ランタン谷川社長と試作した新製品

活動報告 2012.02.06

中小企業支援ネットワーク強化事業(事例)
設備改善・開発

 今年度より新たな支援枠組みとして設けられた九州経済産業局の事業で「中小企業支援ネットワーク強化事業」通称“NW強化事業”の支援機関としてTSNOが支援させて戴いております。
 皆様からの様々な経営課題等でご相談があれば、TSNOが直接の手続きを経て無料にて専門家を派遣する事ができますのでご連絡ください。専門家派遣をするにあたっては、3回制限でしたが、現在は10回までは無料となっています。
ただし、年度末締の関係があって支援期日は3月9日までに完了することが条件です。
 今回は、大分市の有限会社オノモーターズ(九州運輸局長指定工場・・車の整備工場TEL 097-552-1152)の事例を紹介いたします。
当社は”地場整備工場の繁盛店”を目指して「エコおおいた推進事業所」にもいち早く取り組んでおられて、全てに積極的な大分市内では非常にユニークな企業様です。
 CO2排出量削減やいつまでも安全に乗れての省資源等による環境負荷の最小化を目指して、常に最先端の最高整備技術を全整備員が身につけることや5S及び人材育成に関する講座等に積極的に惜しみない努力を払っておられます。
 今回、この「NW強化事業」にもすぐに申請されました。ご要望のテーマは「基礎からハイテク車までの整備技術の取得」で、鹿児島在住ですが最高の専門家「有馬先生」を是非お願いしたいということでした。県外の専門家ですので一時は困惑しましたが、結局ご要望通りの専門家の派遣が出来6回の無料支援が実現しました。テスノのメンバーも参観いたしましたが、流石評判通りの ”一流の先生”で当社の方々にも大変喜んで頂いています。
 このように遠隔専門家の場合でも旅費込みでの”NW事業の恩点”を受けることが出来ますので大いに活用される事をお薦めいたします。
 今年度内は3/9までに終了することを前提として10回以内であれば何回でも結構ですので、どうぞご活用ください。
 今年度無理であれば、来年度もこの制度は継続されることは間違いないとの予測ですので 是非ご活用ください。(矢野)

活動報告 2012.01.16

中小企業支援ネットワーク強化事業(事例)
設備改善・開発

 経済産業省の支援策「中小企業支援ネットワーク強化事業・・・通称・NW強化事業」はTSNOが支援機関の一つとして参加し、技術革新、販路開拓、経営革新等経営課題を含んだ幅広い支援について直接手続き等を無料でご支援をしています。
 今回は大分市内で特殊な瞬間湯沸し器を製造・販売している「有限会社日本建装工業」の5S事業について、事務所・営業技術部の改善も含めたご支援をしましたのでご紹介します。

 ・社のスローガン⇒小さな事からコツコツ改善、目指せ作業効率アップ
 ・1F営業技術課⇒常に5Sを意識し、社内活性化で人も自分も大満足
 ・2F事務所⇒5Sで築く快適な空間

以上のスローガンを掲げ、3ケ月余の期間7名で取り組みました。一定の評価を得ていますが、まだやり残している箇所もあり、今後も継続し改善を進めたいと考えています。
 効果としては、事務所・作業所とも、整理・整頓され、書類や物の取り出しに要する時間の短縮、それに全社員とも、気づきによる改善を含めた意識向上に繫がった事は大きいと話しています。
 次に、当社の製品は新幹線の洗面所、ホテル、老人ホーム等多くの場所で採用されていますので、製品の内容について少しご紹介をいたします。
 電子瞬間湯沸し器「エマックス」は米国エマックス社製で、NASAが開発した米国GE社製の電子ヒーター熱源を利用した画期的な電子式給湯システムです。現在世界23ヶ国に販売網を有し、日本・中国・韓国・モンゴルに於ける独占販売権を取得し販路を拡大しています。ガスや灯油等の化石燃料エネルギーを使用せず、地球環境に優しいクリーン且つ安全なコンパクトサイズの省エネ製品。
 更に「エマックス」の電子ヒーターを応用して自社開発した屋内設置型の循環加熱システム超小型の「ミニウォーム」と中型の「アトムズ」(特許第3378828号)(特許第4117777号)は床暖房、ビニールハウス暖房、融雪等に採用され、販路を大きく伸ばしています。
 また、新たに米国より独占販売契約に基づき、太陽光発電・蓄電機(サンライナー)を導入し、送電線の設置されていない場所においても活用されるなど、用途はますます拡大していると話されています。
 下記の製品は、瞬間湯沸し器(小型・大型) の装置内と給湯状態及び太陽光発電・蓄電機の紹介です。(吉浦)

 ※詳しい企業情報はこちらよりご覧下さい。

活動報告 2012.01.16

中小企業ネットワーク強化事業支援機関指導員等連携研修会に出席
設備改善・開発

 昨年の12月5日に九州経済産業局 中小企業課の主催で「第2回中小企業ネットワーク強化事業支援機関指導員等連携研修会」が開催されました。
 H23年度中小企業ネットワーク強化支援事業の経過説明があり、8割の予算消化状況の中、更にNW事業の強化を図るよう話があり、今まで企業に対し支援回数が3回を限度としていましたが、10回まで可能となりました。
 ただし、23年度事業は3月9日で終了し、報告書の提出期限は3月14日との説明がありました。
 また、支援機関としてお客様(中小企業の経営者)に対しての接し方について「トップコンサルタントが実践する経営者へのアプローチ手法『経営者からいかに経営課題を聞きだすか』」をテーマに基調講演がありました。
“お客様の支援をさせて頂くための企業訪問は事前の準備を充分に行い、真の課題を見つけ出すようなヒアリングを行なう。肝心なことは経営課題を経営者と一緒に見つけ出しに行くことである。”
 我々もこの研修で学んだことを肝に銘じてお客様に接していこうと思っています。(小林)

活動報告 2012.01.04

中小企業支援ネットワーク強化事業(事例)
設備改善・開発

 今年度より新たな支援枠組みとして設けられた九州経済産業局の事業で「中小企業支援ネットワーク強化事業」通称“NW強化事業”の支援機関としてTSNOが御支援させて戴いております。
 皆様からの様々な経営課題等でご相談があれば、TSNOが直接の手続きを経て無料(10回まで)にて専門家を派遣する事ができますのでご連絡ください。
今回も前回に続き、事例をご紹介いたします。
大分市下郡工業団地に本社がある「三信機器サービス」社です。

 事業は、車両用の補機類の修理、車両部品、用品の販売、整備機器の修理販売などを行っている企業さまで、今回は「5S改善活動を継続しながら生産管理技術の向上に取り組む」工場改善技術レベルアップのお手伝いをさせて頂いています。
5Sに対する基礎教育と徹底的なムダ取りの実践と「目で見る管理」ができる現場作りを目指して支援を開始しています。(畔津)

本社事務所での勉強会

本社事務所での勉強会