活動実績

“やっちょります!”テスノでの活動実績のご紹介です。

活動報告 2017.09.12

平成29年度環境ビジネス支援セミナーのご案内
研修・講座案内

 今年度も下記日程で大分県主催環境ビジネス支援セミナーが開催されます。今年度は「次代のリサイクル」をコンセプトに下記3回のセミナーが企画されています。

 ●第一回  9月19日   企業視察

 ●第二回 11月      対話形式のセミナーを企画

 ●第三回 平成30年2月 技術講演 
                  講師:工学院大学機械工学科小林准教授

 本日は、第一回セミナーの企業視察の案内です。
*****************************************************************
概 要  平成29年9月19日(火) 11時~17時30分
         (集合・解散とも大分駅バス待機場)
視察先  (株)黒田工業ひゅうがリサイクルセンター(宮崎県日向市)

*****************************************************************
 黒田工業ひゅうがリサイクルセンターの視察ポイント
 1.地域課題の解決への取組
 宮崎県は昭和40年代に温暖な気候を利用してピーマン生産日本一を目指し、大量のビニールハウスが建てられていました。ところが、使用済みのビニールハウスが捨てられ海に流れ着いた結果、アオウミガメがクラゲと間違えて捕食し息絶える、ビニールが漁船のスクリューに巻き付くというトラブルが頻発するようになりました。

 「捨てられたビニールハウスをどうにかしてほしい」という要請が黒田工業に持ち込まれ昭和47年に日本で初めて「農業用ビニールリサイクル」に成功しました。

 2.行政協力について
 ひゅうがリサイクルセンターは平成19年にプラスティック製容器包装再製品化事業を目的に企画されました。この時に、日向市が、市が保有する処理施設では設定された資源化率が達成できない、広域的ゴミ処理を行うリサイクルプラザが未整備等の問題を抱えていました。これらの課題解決のため、黒田工業が設備を建設し、民設リサイクルプラザとして近隣5市町村の不燃物処理、資源物のリサイクルすることにより、地域の産業廃棄物、一般廃棄物の課題を解決するリサイクルプラザ・複合型処理施設として運用を開始しました。

 3.啓蒙活動、女子社員の登用について
 ひゅうがリサイクルセンターは施設見学だけでなく、リサイクルプラザとして展示、出前学習、各種イベント、ECO教室等の開催を通じて地域の間教育への支援も積極的に行っています。

 また、産廃事業のイメージ一新、働きやすい職場づくり、仕事と家庭を両立できる職場づくりを目指して女性の登用も積極的に行っています。

 今後のリサイクル事業を考える上で参考になると思います。

 案内兼参加申込書をご希望の方は
 http://www.pref.oita.jp/uploaded/life/1069211_1563673_misc.pdf
 にアクセスしてください。

 多数のご参加をお待ちしています。(北山)

活動報告 2017.08.10

若手技術者育成研修 前期講座 実施
その他

 県工業連合会の主催「若手技術者育成研修」講座を今年も担当させてい戴いております。

 この講座は現場リーダーの育成を目的に今年で4回目になります。この講座は前期2泊3日、 後期2泊3日。

 この間の8~10月に参加企業を訪問し、OIT(仕事を通じて育成する研修)で構成されており、生産性向上・マネジメントや参加者のネットワークづくりを目的に開催されております。今年は特に第4次産業革命と言われておりますIoT(モノのインターネット)の基本的考え方をベースに講座を開催しました。参加者より工場管理の基本的な考え方を学ぶことが出来、今後自社で活動していきたいとの評価を戴きました。

 後期は10月に計画されていますが、IoTに向けた具体的な活動として、

  1) 作業標準化の目的と必要性
  2) 多能工化の実施方法
  3) 企業活性化に必要なマネジメント力向上と目標管理の実施

 等について講座を計画しております。

 受講生の期待にお応えしたいと思っております。(足立)

活動報告 2017.07.07

‘事務所の5S’ の講演を終えて
その他

 6月8日、2時間に渡って5Sの話をさせて頂いた。

 場所は大分市新川の社会保険診療報酬支払基金 大分支部 会議室で行い、約40人が聴講された。

 社会保険診療報酬支払基金は都道府県に支部があるという。今回“きれいな机を維持したい”との依頼であった。

 今の時代「IoT、ビッグデータ、AI」だという時代に何が5Sだと思われる人もいると思うが、しかしどんな時代になっても、子供の頃から整理・整頓・掃除は学んできた。

 企業が行なうあらゆる管理の基本に5Sがあることは間違いない事実である。事務所の5Sということであったが、データ管理等まさに“書類のデジタル化→ビッグデータ → AI”とにつながって行く第一歩とも思われる。

 あらゆる管理の基礎となる5Sについて久しぶりに話が出来、改めて重要性を認識させられた次第です。(小林)

講演の状況

講演の状況

活動報告 2017.03.06

平成28年度大分県主催環境ビジネス支援セミナー終了
研修・講座案内

 平成28年度大分県環境ビジネス支援セミナーは「プラスティックリサイクル」を中心に4回のセミナーを実施し、2月23日に終了しました。
*****************************************************************************
第一回 平成28年7月15日
 基調講演 大分大学工学部平田准教授
 技術講演 化学原料化法によるプラスティックリサイクル 
        新日鉄住金大分製鉄所 永田室長
 大分県(廃棄物対策課、工業振興課)からの行政施策説明

第二回 平成28年9月15日
 ビジネスチャンスの視点からの環境産業 環境テクノス:鶴田会長
 ・リサイクル事例-1 (株)田工業リサイクルセンター 川崎センター長
 ・リサイクル事例-2 (株)境整備産業   川野常務取締役

第三回 平成28年11月8日
 企業視察:北九州エコセンター
        西日本オートリサイクル
        KARS
        福岡大学資源循環・環境制御システム研究所

第四回 平成29年2月23日
 技術講演 プラスティックリサイクルのマネジメント   (株)リプロ 岡田会長
        産業科学技術センターの取組と環境・リサイクル分野での支援事
        産業科学技術センター 平井センター長
 
****************************************************************************
 4回のセミナーで延べ180名の参加者がありました。廃棄プラスティックは海洋汚染の問題も顕在化しており、最終廃棄量の低減要求は今後益々高くなる課題であり様々な視点からの質疑が出されました。また産業科学技術センターからはセンターの基本機能、環境分野での支援事例が紹介されました。

 平成29度も新たなビジネス展開などに関するセミナー等を計画しており多数の参加をお待ちしています。(北山)

第一回セミナー:基調講演 大分大学平田准

第一回セミナー:基調講演 大分大学平田准

第三回セミナー 北九州エコタウン視察

第三回セミナー 北九州エコタウン視察